おかんとおとん(かあちゃんととうちゃん)/名古屋弁バージョン


「ねぇ、かあちゃん。なんでかあちゃんは、とうちゃんとけっこんしたの?」
「はあ?いきなりなにー。なんでけっこんしたって、
なんでかな。とうちゃんにきいてみや〜」

「ねぇ、とうちゃん、なんでかあちゃんとけっこんしたの?」
「たわけ。なに いっとる。そんなもん、かあちゃんに きけて」
「なんで〜、かあちゃんが とうちゃんに きけって いっとるに!
ほんだったら おしえてて。かあちゃんと どこで しりあったの?」
「しらんって。わすれたわ。かあちゃんに きけて」

「ねぇ、かあちゃん。とうちゃんと どこで しりあったの?
とうちゃん、わすれたんだと。」

「なに〜? とうちゃん、忘れたって? しんじれん。うみだがね、うみ!
かあちゃんと とうちゃんは うみで しりあったんだがね」

「ねぇ、とうちゃん。かあちゃんに きいたった〜 うみでしょ、うみ!
とうちゃんが つりしとるとき、かあちゃんと であったんでしょ?」
「そうだて。かあちゃんが おおさわぎしてまって。
『タコだがね、タコーッ!』ってな。
「タコ? とうちゃんのこと、タコって いったの?」
「ちがうて! とうちゃんが キス つっとるとき
たまたま タコが かかったんだて」
「えーっ、キス? かあちゃんと キスしたの?」

「かあちゃーん! キスしたの? とうちゃんが しゃべったにー。
かあちゃんと とうちゃん、あって すぐに キスしたんでしょー?」
「はあ? とうちゃんが そんな こと いっとるの?
なんで。いきなり キスなんか しーせんわ!」

「とうちゃーん! かあちゃんが キスなんか しとれせん、いっとるにー。
いったいどうなっとるの」
「どうも こうも あれせん。キスは さかなだがや。
シロギスって さかなを つっとたんだて」
「なんだ、おもしろない」

「ねぇ、かあちゃん。とうちゃんと デートしたこと ある?」
「なにがー。そのはなし、まだ つづいとんの?」
「ねぇ、おしえてて。とうちゃんと デートしたこと ある?」
「あるに きまっとるがね。ドライブの やくそくしたら、
とうちゃんが どえらい ぽんこつ のってきたもんで、はずかしかったに〜」

「とうちゃーん! かあちゃんに きいたに。
トラックで ドライブ いったんでしょ?」
「トラックじゃないて。けいトラだて。にもつは つめるし、
ふたりのりだし、デートに ぴったりの くるまだて。
そんなことより、かあちゃんが もってきた おにぎり、
なにが はいっとったと おもう? まあー びっくりしたに」

「かあちゃーん! とうちゃんに きいたに。
おにぎりに あめ いれたんでしょ?」
「あめでも うめぼしあじだでね。おにぎりに ぴったりだがね。
そんなことより、とうちゃんが たんじょうびに くれたはな。
なんだと おもう? まーびっくりだがね」

「とうちゃーん! かあちゃんに きいたにー。
たんじょうびの プレゼント。ざっそうの はなたばだて?」
「ざっそう ちがうて。あれは ナズナって はなだに。
かあちゃんは しらんかったんか。なんか むなしいがや」

「ねぇ、かあちゃん。はなたば、ざっそう ちがうんだて。
ナズナって はななんだと。はなことば、『すべてを ささげます』って いみなんだと」
「なんで、こっちが ささげたんだがね」

「ねぇ、とうちゃん。なんで かあちゃんと けっこんしたの?
ねぇ、かあちゃん。なんで とうちゃんと けっこんしたの?」
「まったく しつこいてー」

「すきだでに きまっとるがね!!」

「みなさーん、ごちょうないの みなさーん。
かあちゃんが とうちゃんを すきって いってますー。
とうちゃんが かあちゃんを すきって いってますー」

「こらっ!いいかげんにしやー!」

「なんで。かあちゃんも とうちゃんも はずかしがっとるの?
すきって そんなに はずかしいの?
すきって いったら はずかしいの?
ぼくは ぜんぜん はずかしくないに
だって、かあちゃんもとうちゃんも」

「どえりゃすきだに〜」

(おしまい)


翻訳/名古屋市/平田(へいでん)温泉・にゃんこ女将 2017年8月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.