ねえ、ほんとにたすけてくれる?/京ことばバージョン

なあ、ほんまにたすけてくれる?


「なあ とうちゃん、つれへんなぁ」
「ああ、つれへんな」
「さかな、いてへんのちゃう?」
「どやろ。もぐって みてきいな」
「いやや。とうちゃん、みてきいな」
「いやや。じょうだんやないで」

「とうちゃん、やっぱり さかな いてへんみたいやで」
「おい、そんな かっこしてたら、おちるで」
「だいじょぶやで」
「おちても しらんで」
「なんで? とうちゃん、たすけてくれるんやろ?」

「そら、おちたら たすけるで」
「ほんま?」
「でも そのまえに、おちひんように
 するのが さきやろ」
「ほな、とうちゃん──」

「さめに たべられそうになったら?」
「へ? さめ?」
「とうちゃん、たすけてくれる?」

「しゃあないなあ。さめは いややけど たすけるで」
「ほんま?」
「でも そのまえに、とうちゃんが くわれるんちゃうか」
「へっー!」
「そのあいだに なんとか にげてえな」
「いややで。そんなん──」

「なあ とうちゃん、あいそないなあ」
「ふん、あいそないで」
「とうちゃん、あのなあ。
 かいぞくて いまも どっかに いるん?」
「うーん。どうやろな」

「もし かいぞくに つかまったら
 とうちゃん たすけてくれる?」
「うーん、きばって たすけるけど──」
「けど?」
「でも そのまえに、
 かいぞくに とられるようなもんないし
 つかまらへんのちゃうか?」
「ほな、とうちゃん──」

「おばけ でたら たすけてくれる?」
「ほんまに でたら たすけてもええけど
 でも そのまえに、おばけて ひと おそうんか?」
「ほな、とうちゃん。それやったら なあ
 えーと、えーと、えーと──」

「えらい じしんが きて、つなみが きて、
 かざんが ばくはつして、たいふうも きて、
 もう ぐっちょぐちょに なってもな。
 とうちゃん! なあ、ほんまに たすけてくれる?」
「もちろん。なにが あっても ぜったい たすける。
 けど そのまえに──」
「そのまえに?」

「しょくりょうとか みずとか
 いっぱい よういしとくで」
「ふん」
「じぶんが たすかったら
 こんどは ほかの ひと、
 たすけなあかんな」

「あっ、とうちゃん、えさ なくなってるで」
「ほんまや。さかな いる しょうこや」
「なあ とうちゃん、えさ つけてえな」
「なんでやねん」
「だって きもちわるいんやもん」
「なに ゆうてんねん。じぶんで やれ」
「なんやな。たすけてくれるて いうたのに──」

「なあ とうちゃん」
「へ?」
「もしも とうちゃんが あぶないときはな、
 ぼくが とうちゃん たすけたげるからな」
「ほんまか?」
「ふん」

「ほな、とうちゃんが かあちゃんと けんかしたら、
 とうちゃんのこと たすけてくれるんか?」
「いやや。かあちゃんを たすけるで」
「なんでやねん。ずるいわ」
「だって とうちゃんのほうが つよいやろ?」
「そうか? かあちゃんのほうが つよいやろ?」

「うーん。かあちゃんのほうが つよいかなあ。
 ──ほな、とうちゃん」
「なんや?」

「とうちゃんと かあちゃんが けんかしたら、
 とうちゃんのことは たすけへんけど──」
「けど?」
「ぼくが いっしょに あやまったげるわ」
「なんや? とうちゃんが わるいんか」
「でも そのまえに──」
「そのまえに?」

「けんかせんといてな」

(おしまい)


翻訳/京都市出身の飛騨市図書館長西山さん 2013年5月
※京都在住進行形のかた、ご意見ありましたらお気軽にメールください。


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.