おかん(かあちゃん)/飛騨弁バージョン


「なー かあちゃん きょうの ばんごはん なんやなー?」
「はぁ? いま、ひる、たべたばっかやろ?
 なんやって ばんごはん、かんがえならんのよ」

「なー かあちゃん、 あした、あめ、ふるんやって」
「そしゃ、せんたくもん ほせんなー
 ふく、よごすなよー」

「なー かあちゃん とっぺに さとういれたら、プリンに なる?」
「なるわけねーろ。プリンは ぎゅうにゅうと たまご。
 とっぺは まめで つくるんやでえ。 そんなことより、
 ようも ねえのに れいぞうこ あけるんでねーさ」

「なー かあちゃん。 いま、 ゆめん なかで
 かあちゃん、どいれー おこっとたぞ」
「そりゃそーよ。 ゆめんなかでも どこでも
 かあちゃんは ちゃんと みはっとるでな。 わるいこと しなれんなー。

「なー かあちゃん。 トラと ライオンって
 どっちが つよいんかなー?」
「しらんさ。 どして トラと ライオンが しょうぶせんにゃだしかんのよ。
 だいたい おるどこが  ちがうんでねーろ?」
「ちょっと かあちゃん、 こっち みてみー」

「ちょんまげ」
「こりゃ! たべもんで、あそんどると、どいれー ばち あたるでなー」

「なー かあちゃん。 UFO みたこと ある?」
「そんなもの あらすけ。 みつけたら ビデオ とって、
 テレビきょくに うりつけるわ」

「なー かあちゃん。 かたつむりの から とったら、なめくじに なるんか?」
「どしてよ。そんなら、 かめから こうら とったら、
 いってー なんに なるんよ?」

「あっ、かあちゃん。グローブと バット、かってに さわったろ!」
「なに いっとるんよ。 だしっぱなしにしとるで
 かあちゃんが しまったんやで」

「なー、かあちゃん。がいこく、いったこと、あるんけ?」
「がいこくなー。かあちゃんは みなみの しまが いいな。
 はよこと おとなになって、かあちゃんを つれてってくりょー」
「うん。かあちゃん、まかしとけ。やしのみ くわしてやるさ」

「ほんとけ?」
「あっ、かあちゃん」

 ぷ────ぅ

「へー、こいてまった」
「わりゃだらか! なんやてって・・・・  くっせーなー」

「なー、かあちゃん」 「なんよ?」
「なー、かあちゃん」 「だから なんやよ?」
「よぼっただけやさ」 「たくーっ・・・」 

「えーかげにしようよ!」
 かあちゃん かあちゃんって うっせーわ。ちょっとの あいだで えーで
 かあちゃん かあちゃんって いわんのやさ」
「そしゃー」

「ママ?」
「そーそー。いっぺんで えーで、
 やさしく ママって よんでほしかったんやさー」

「−って、こりゃっ そういう もんだいで ねーやさ」
 あさから ばんまで べらべら べらべら
 しゃべりっぱなしで ほんと うるせーわ」
「なんや。かあちゃんやって いっつも べらべら べらべら
 しゃべっとるやなけー」
「おとなはなー だいじな はなしが あるんやさー」
「こどもやったって だいじな はなしは あるんやさー」
「そしゃ、いってみよよ? なにゃ だいじな はなしなんよ?」
「なー かあちゃんー」

「ばんごはん なんやー?」 

(おしまい)


翻訳/NPO法人・思い出の絵本展のみなさん 2012年11月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.