ねえ、ほんとにたすけてくれる?/讃岐弁バージョン ※香川県三豊市バージョン

なあ、ほんまにたすけてくれる?


「なあ とうちゃん、つれんな〜」
「おお、つれんの〜」
「さかな、おらんのちゃ〜うん?」
「どうやろ。もぐって みてこいや」
「いややわ。とうちゃん、みてきてよ」
「いやじゃわ。じょうだんでないわ」

「とうちゃん、やっぱり さかな おらんみたいやで」
「おい、そなな かっこうしとると、おっこちるぞ」
「だいじょうやわ」
「ぼてこんだって しらへんぞ」
「なんで? とうちゃん、たすけてくれるんやろ?」

「そりゃ、おっこちたら たすけるわ」
「ほんま?」
「ほんでも そのまえに、おちへんように するんが さきやろが」
「ほな、とうちゃん──」

「さめに たべられそうになったら?」
「え? さめ?」
「とうちゃん、たすけてくれる?」

「しゃ〜ないな〜。さめは いややけど たすけるわ」
「ほんま?」
「ほんでも そのまえに、とうちゃんが くわれるかも」
「えっー!」
「そのあいだに なんとか にげ〜や」
「いややわ。そんなん──」

「なあ とうちゃん、つれへんな〜」
「おお、つれへんな〜」
「とうちゃん、あのなあ。かいぞくって いまも どっかに おるん?」
「うーん。どうやろな〜」

「もしも かいぞくに つかまったら とうちゃん たすけてくれる?」
「うーん、がんばって たすけるけど──」
「けど?」
「ほんでも そのまえに、かいぞくに とられるようなもんないし
 つかまらへんのではないか?」
「ほな、とうちゃん──」

「おばけが でたら たすけてくれる?」
「ほんまに でたら たすけてもええけど
 ほんでも そのまえに、おばけって ひとを おそうか〜?」
「ほな、とうちゃん。ほんじゃあ なあ
 えーと、えーと、えーと──」

「すっごい じしんが きて、つなみが きて、
 かざんが ばくはつして、たいふうも きて、
 もう ぐっちゃぐちゃに なってもな〜。
 とうちゃん! なあ、ほんまに たすけてくれる?」
「あたりまえやろが。なにが あっても ぜったい たすける。
 ほんでも そのまえに──」
「そのまえに?」

「くいもんとか みずとか いっぱい よういしとくぞ」
「うん」
「わがが たすかったら こんどは ほかの ひと、たすけんとな」

「あっ、とうちゃん、えさ のうなってるよ」
「ほんまや。さかなが おる しょうこや」
「なあ とうちゃん、えさ つけてよ」
「なんでや」
「ほんだって きもちわるいんやもん」
「なに ゆ〜とんや。わがで やれ」
「なんや。たすけてくれるって いうたのに──」

「なあ とうちゃん」
「ん?」
「もしも とうちゃんが あぶないときはなあ、
 ぼくが とうちゃん たすけるきんな」
「ほんまか?」
「うん」

「ほな、とうちゃんが かあちゃんと けんかしたら、
 とうちゃんのこと たすけてくれるか?」
「いややわ。かあちゃんを たすけるわ」
「なんでや。へらこいぞ」
「ほんだって とうちゃんのほうが つよいやろ?」
「ほうかあ? かあちゃんのほうが つよいやろ?」

「うーん。かあちゃんのほうが つよいんかなあ。
 ──ほな、とうちゃん」
「なんぞ?」

「とうちゃんと かあちゃんが けんかしたら、
 とうちゃんのことは たすけはせんけど──」
「けど?」
「ぼくが いっしょに あやまってやるわ」
「なにぃ? とうちゃんが わるいんかい」
「ほんでも そのまえに──」
「そのまえに?」

「けんかせんといてな」


(おしまい)


翻訳/よろず語り部・夢追人さん 2012年10月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.