おかん(かあちゃん)/金沢弁バージョン


「ほな、かあちゃん。きょうの ゆうはん なにに するがや?」
「なに ゆうとるがいね。いま、ひる、たべたばっかやろいね。
 なんで はやから ゆうはんの こと かんがえんなんがいね」

「ほな、かあちゃん。あした、あめ、ふるげんて」
「ほんなら、せんたくもん かわかせんから、ふく、よごさんどいてや」

「ほな、かあちゃん。とうふに さとう いれたら、プリンになっけ?」
「ほんなだらな。プリンは ぎゅうにゅうと たまご。とうふは まめで つくるもんやろ。
 ほんなことより、ようもないがに れいぞうこ あけんといて」

「ほな、かあちゃん。いま ゆめの なかで、
 かあちゃん、すっごいがに おこっとったうぇ」
「ほりゃほやわ。ゆめのなかでも、どこでも、
 かあちゃんがっぱになってみはっとっしね。わるいことせんどいてや」

「ほな、かあちゃん。トラと ライオン どっちが つよいがん?」
「ほんなこと しっとっかいね。なんで トラと ライオンが しょうぶせんなんがいね。
 もとから すんどる とこが ちごうやろ?」
「ちょっこ、かあちゃん、こっちみてえ」

「ちょんまげ」
「だらっ! たべもんで あそんどったら、がんこな ばちあたるげんぞ」

「ほな、かあちゃん。UFO みたこと ある?」
「いじっかしいな。みとったら ビデオとって、テレビきょくに うりつけとるって」

「ほな、かあちゃん。かたつむりの から とったら、なめくじに なるがん?」
「なにゆうとれんて。ほんなら、かめから こうら とったら、いったい なんになるげんて」

「ほな、かあちゃん。グローブとバット、かってに さわったやろ!」
「なに いっとんがいね!だしっぱなしに しとっさけ かあちゃんが しまってあげてんろ」

「ほな、かあちゃん。がいこく、いったこと、あっけぇ?」
「がいこくかあ。かあちゃんは みなみのしまが いいな。
 はよ、おとなになって、かあちゃん つれてってま」
「おいや。かあちゃん、まかしといてや。やしのみ くわしてやっさけ」
「ほんとかいね?」
「あっ、かあちゃん」

 ぷ────ぅ

「へー、こいてしもた」
「だらぁ! なにすんげんて・・・・ くっさいがいね」

「ほな、かあちゃん」 「なんや?」
「ほな、かあちゃん」 「なにいね?」
「よんだだけや」   「いじっかしいな」

「いいかげんにせんかいね! かあちゃん、かあちゃんって いじっかしいわ。
 ちょっこで いいから、かあちゃん、かあちゃんっていわんとだまっとって」
「ほしたらぁー」

「ママ?」
「ほうや。いっかいでいいし、やさしいがに ママって、よんでほしかってんてー」

「ーって、なーん!ほういうもんだいやないやろ。
 あさから ばんまで ぺっらぺら ぺっらぺら、しゃべってばっかで、はっがいしいわ」
「ほんなこと いうても、かあちゃんかって、
 いっつも ぺっらぺら ぺっらぺらしゃべっとるやろいやー」
「おとなに なったらあ、だいじな はなしが いろいろと あるがや」
「こどもかって だいじな はなし あるわいや」
「なにいね、ゆうてみい? なにが だいじな はなしやって?」
「ほんなら、かあちゃん・・・」

「ゆうはん なにに するがや?」 

(おしまい)


翻訳/小坂直樹さん 2012年7月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.