おかん(かあちゃん)/富山弁バージョン


「ねぇ かあちゃん きょうの ばんごはん なんけ?」
「はぁ? いま、ひんま、 たべたばっかやないけ?
 なんしに ばんごはん、かんがえんにゃ ならんがいね」

「ねぇ かあちゃん、 あした、あめ、ふるがやと」
「なら、せんたくもん ほされんから
 ふく、 よごさんといてや」

「ねぇ かあちゃん とっぺに さとういれたら、プリンになっけ?」
「なるわけなかろがいね。プリンちゃ ぎゅうにゅうと たまご。
 とっぺちゃ まめで つくるがやぜ。 そんなことよか
 ようじも ないがに れいぞうこ あけんといてま」

「ねぇ かあちゃん。 いま、 ゆめん なかで
 かあちゃん、どっだい おこっとたがやぜ」
「そりゃそやちゃ。 ゆめんなかだろと どこだろと
 かあちゃん しっかーっと めめっとるからね。 わるいこと しられんがやよ。

「ねぇ かあちゃん。 トラと ライオンちゃあ
 どっちが つよいがかね?」
「しらんちゃよ。 なんしに トラと ライオンが しょうぶせんなんがいね。
 だいたい すんどるとこ  ちがおがいね」
「ちょっと かあちゃん、 こっち みてま」

「ちょんまげ」
「こりゃ! たべもんで、あそんどったら、どっだい ばち あたるがいね」

「ねえ かあちゃん。 UFO みたこと あっけ?」
「そんなもん あるかいね。 みつけたら ビデオ とって、
 テレビきょくに うりつけとるわ」

「ねぇ かあちゃん。 かたつむりの から とってしもたら、なめくじに なるがけ?」
「なんでけよ。そんながなら、 かめから こうら とってしもたら、
 いったい なにに なるがけ?」

「あっ、かあちゃん。グローブと バット、かってに あたったやろ!」
「なに ゆうとるがいね。 ほっかつけたまんまにしとっから
 かあちゃんが またいしといたがやねけ」

「ねえ、かあちゃん。がいこく、いったこと、あっけ?」
「がいこくけ。かあちゃんは みなみの しまが、よいわぁ」
 はやいこと でかなって、かあちゃんを つれてってま」
「うん。かあちゃん、まかいといて。やしのみ たべさしてあげっちゃ」

「ほんまけえ?」
「あっ、かあちゃん」

 ぷ────ぅ

「へー、たれてしもたわ」
「だらぶちっ! なにけよぉ・・・・  なんちゅうくっさいがいね」

「ねえ、かあちゃん」 「なにけ?」
「ねえ、かあちゃん」 「だから なにぃね?」
「よぼっただけやちゃ」 「まったく・・・」 

「いいかげんにしられま!」
 かあちゃん かあちゃんって やかましいわ。ちょっこの あいだで よいから
 かあちゃん かあちゃんって いわんといてま」
「ならー」

「ママ?」
「そいが。いっかいで よいから、
 やさしーなと ママって よぼってほしかったがやちゃー」

「−って、おいっ そいういう もんだいで なかろがいね」
 あさから よさるまで ぺらぺら ぺらぺら
 しゃべりっぱなしで ほんまに やかましいわ」
「なにけよ。かあちゃんかって いっつも ぺらぺら ぺらぺら
 しゃべっとるないけー」
「おとなはねー だいじな はなしが あれやこれやとあんが!」
「こどもかって だいじな はなしは あるがやぜ」
「なんや、いうてみ? なにが だいじな はなしや?」
「なにけよ、いうてみられま? なにが だいじな はなしけよ?」
「ねえ かあちゃんー」

「ばんごはん なんけ?」 

(おしまい)


翻訳/とやまのおかんこと 中川晴恵さん 2012年5月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.