ねえ、ほんとにたすけてくれる?/太宰府弁バージョン

ねえ、ほんとにたすけてくれると?


「ねえ とうちゃん つれんね」
「ああ、つれんね」
「さかな、おらんっちゃない?」
「どうかいな。もぐってみてきちゃらん」
「いやばい。とうちゃんがみてきちゃらん」
「いやばい。じょうだんじゃなかばい」

「とうちゃん、やっぱり さかな おらんごたーよ」
「おい、そげな かっこしとったら おっこちるばい」
「だいじょうぶばい」
「おちても しらんけんね」
「なんで? とうちゃん、たすけてくれるっちゃないと?」

「そりゃ、おっこちたら たすけるよ」
「ほんと?」
「ばってん そのまえに、おちんごと
 するのが さきやん」
「したら とうちゃん」

「さめに たべられそうになったら?」
「え? さめ?」
「とうちゃん、たすけてくれると?」

「しょうがないなあ。さめは すかんけど たすけちゃー」
「ほんと?」
「ばってん そのまえに、とうちゃんが くわれるばい」
「えっー!」
「そのあいだに なんとか にげたらよかたい」
「いややん そげんこと」

「ねえ とうちゃん、つれんねえ」
「ああ つれんね」
「とうちゃん、あのさ。
 かいぞくって いまも どっかに おると?
「うーん どげんやろね」

「もしも かいぞくに つかまったら
 とうちゃん たすけてくれると?」
「うーん、がんばって たすけるばってんね」
「ばってん?」
「ばってん そのまえに、
 かいぞくに とられるようなもんないけん
 つかまらんちゃないと?」
「したら とうちゃん」

「おばけが でたら たすけてくれると?」
「ほんとに でたら たすけても よかばってん
 でも そのまえに、おばけって ひとを おそうとや?
「したら とうちゃん。したらさあ
 えーと、えーと、えーと」

「すっごい じしんが きてから、つなみが きてから、
 かざんが ばくはつしてから、たいふうも きてから、
 もうぐっちゃぐちゃに なっても
 とうちゃん! ねえ ほんとうに たすけてくれると?」
「あたりまえたい。なんが あったっちゃ ぜったい たすけるばい。
 ばってん そのまえに」
「そのまえに?」

「しょくりょうとか みずとか
 いっぱい よういしとくたい。
「うん」
「じぶんが たすかったら
 こんどは ほかの ひと
 たすけんとね」

「あっ、とうちゃん、えさ なくなっとうよ」
「ほんとばい。さかなが おる しょうこたい」
「ねえ とうちゃん、えさ つけちゃらん」
「なんでや」
「だって きもちわるいっちゃもん」
「なん いいようとや。 じぶんで せれ」
「なんでえ たすけてくれるって ゆったろうが」

「ねえ とうちゃん」
「ん?」
「もしも とうちゃんが あぶなかときは、
 ぼくが とうちゃんば たすけちゃーけん」
「ほんとね?」
「うん」

「したら、とうちゃんが かあちゃんと けんかしたら、
 とうちゃんのこと たすけてくれるや?」
「いやばい。かあちゃんば たすけるし」
「なんでー。こすかー」
「ばってん とうちゃんのほうが つよかろーもん」
「そうねえ? かあちゃんのほうが つよかろうもん」

「うーん。かあちゃんのほうが つよかろうね。 
 したら、とうちゃん」
「なんね?」

「とうちゃんと かあちゃんがけ んかしたら
 とうちゃんのことは たすけんばってん──」
「ばってん?」
「ぼくが いっしょに あやまっちゃーたい」
「なんか?とうちゃんが わるいとか?」
「ばってん そのまえに──」
「そのまえに?」

「けんかせんでね」

(おしまい)


翻訳/福岡県太宰府市 絵本の店「あっぷっぷ」のみなさん 2008年8月


まえのページにもどる?

トップページにいく?


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.