はじめのページ さくひんあんない イベントじょうほう メディアかんけい
えほんライブ ほうげんよみ じこしょうかい リンク blog YouTube Twitter Facebook
01
@福岡


02
@広島

03
@秋田

04
@富山

05
@石川


06
@香川



07
@岐阜

08
@京都

09
@愛知


10
@岐阜

00
@神奈川


太宰府弁バージョン
ねえ、ほんとにたすけてくれる?
おとん

広島弁バージョン
おとん

秋田弁バージョン
おかん

富山弁バージョン
おかん

金沢弁バージョン
おかん
おかんとおとん

讃岐弁バージョン
おかん
ねえ、ほんとにたすけてくれる?
おとん

飛騨弁バージョン
おかん

京ことばバージョン
ねえ、ほんとにたすけてくれる?

名古屋弁バージョン
おかん
おかんとおとん

海津弁バージョン
おかんとおとん

だいたい関東弁バージョン
おかん
おかんとおとん

翻訳用オリジナルテキストは、こちらからコピペしてください。

ねえ、ほんとにたすけてくれる? おとん おかん おかんとおとん

これらの作品のように、会話文でかかれることがおおいうちの絵本。なんでかっていうと、なれしたしんだことばで、めいいっぱい楽しんで読み聞かせしてもらえたらなあ。と、思っているからです。

なので、かってに本文をかえてもらっても、ぜんぜんかまいません。まったく縁がない地方のことばで読むのもありです。それが「方言よみ」の魅力です。

平田昌広と平田景はというと「夫婦(メオト)よみで方言よみ」しています。

そのとき、「イントネーションやアクセントはかなりあやしいです」と、まえおきしていますが、それぞれの地方のことばの魅力は、きっとつたわると思って、めいいっぱい楽しんで読んでいます。

ここで紹介している方言よみテキストは、自由につかってください。

そして、「方言よみに参加したい!」というかたがいましたら、ふだんつかっていることばに訳したうえで、ぜひぜひ、ご連絡くださいませ。

>>オフィスまけ行きのメール>>

<おねがい> ご使用の接続プロバイダによってメールが送信できない事例がでています。1週間内に返信がないばあい、お手数ですがブログのコメント欄にてその旨お知らせください。すぐにご連絡いたします。

(著作権は平田昌広および平田景、各翻訳者のみなさんにあります。
 ねんのためご了承くださいませ)


Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.