2021
文研出版
作/北川チハル
1200円(税別)
(C)KitagawaChiharu_san
Amazon.co.jpで見る?
ニャンタのさくぶん


デビュー作以来の、けいちゃんが平田昌広以外の作家さんとくんだ作品。

作は北川チハルさんの絵童話です。

以下、けいちゃんみずからの「さくぶん」です。

まっさんに、ブログなどにのせるので400字以内で、といわれてとてもこまりました。ふだん「さくぶん」をしないからです。

にゃんたのさくぶん」は北川チハルさんがかいてくれたねこのおはなしです。チハルさんちには、ねこがいるのです。

うちにはいませんが、海に近いからか、にゃあにゃあいっぱいいるのです。

ねこを描くのに、路上かんさつだけではよくわからなかったのですが、、、チハルさんに教えてもらうと、ニャンと!にくきゅうと鼻の色はだいたい色がきまっていて、しろっぽいねこはピンクだったり、くろっぽいねこは、グレーだったり、まじっていうのは、やっぱり混じった色だったり。。。

ぜんぶピンクだと思っていたわたしは、おどろきました!

それに、種類だって、ハチワレ、トラ、キジトラ、シロ、クロ、マキゲ、ミケ、、なんていっぱいいるのでしょう。。



まえのページにもどる?

トップページにいく?
Copyright (C) Hirata Masahiro and Kei. All Rights Reserved.